不妊症・産前産後のお悩み

 わたし自身不妊症で、あきらめていた頃に妊娠でき、出産しました。
今、働きながら育児をする大変さも身にしみています。
けれど今の自分だからこそ、患者さまにお話できることがあると思っています。

■不妊症は、漢方と場合によっては鍼灸を併用し、東洋医学的な養生指導(毎日の過ごし方・食事・運動)で、妊娠しやすい身体づくりを目指します。

■西洋の不妊治療をされている方は、その治療に沿って漢方を処方していきます。

■妊娠中のトラブル(風邪、つわり、便秘、むくみなど)、産後のトラブル(おっぱいがでない、乳腺がつまる、身体がだるい、産後うつなど)にも対応しています。

■お子さまの風邪の初期・アレルギー体質・おねしょや夜泣きなどもご相談ください。